...

日々のこと

ジャズと写真と日々のこと

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告
  3. コメント(-)
  4. | このエントリーを含むはてなブックマーク

LensCultureに掲載される

ここ最近、夜間の撮影時はフラッシュを多用しているのだけれど、それをLensCultureに投稿したら、Editor's Pickしてくれた。

これは実にラッキー、そして自信に繋がる。

こちらです。

11枚組なのだけど、最後の一枚を除いては、今募集しているコンテストに応募しているもの。

この辺りの相関関係がよく分からない。

入選に近いところにいると考えてよいものかどうか。

締切が6月22日、審査は7月中に終わると記載されているので、結果は8月の上旬くらいだとは思うけれど。

ここでなんとか食い込めば、またあらたな道が開けるような気がしないでもない。

あと、もうフィーチャーされて、かつポートレートコンテストでは落選した「Tokyo Street Portraits」も応募してみようか思案中。
応募金額が55ドルと結構高いだけに、もうちょっと考えてみる。

しかし嬉しいな。

今日はこのプロジェクトの一枚も1xに掲載されたし、いい感じではある。

それで、このいい感じをどう繋げていくのか皆目見当がつかないわけで、今日も一日よく寝た。

明日もなんか眠いから寝るかーとか考えていて、写真の勝負は週末の土日にしようかと。

実はここに来て結構疲れていて、これは長年に渡った慣れないサラリーマン勤め。
その蓄積された疲労が一気に出てきた感。

これはちょっとやそっとでは取れないはずで、なんとか早いとこ本来の自分のペースを取り戻したい。

そもそも漸く自分自身のやるべき状態に持ってこれたのだから、あとは今よりしんどくなってもやるだけ。

ただちょっとばかし寝かせてください。

というわけで今日はそろそろ寝る。

フォトコン情報としては、上記LensCultureとほぼ同じ内容のburnがある。

こちらは25ドルと比較的安いので、全く同じ内容で応募した。

海外のコンテストは、この辺二重投稿の規制がないものが多いのでやりやすい。


いやそれにしてもいい写真を撮ることが第一。

そのためには外に出て写真を撮りまくること。

でもちょっとだけ家で寝かせて明日までは。


スポンサーサイト
  1. 2014/05/30(金) 03:07:35|
  2. 写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
  5. | このエントリーを含むはてなブックマーク

本年もよろしくお願いいたします

あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。

それにしても油断するとあっという間に一ヶ月もブログを放置しているのであって、これはいかん。

週末は撮影、その後現像、写真アップ、他の方の写真鑑賞という一連の流れで日々進行しており、
そしてそのまま机で眠りに落ちるという毎日。

そりゃ目とか腰が痛くもなる。

さて、昨年、仕事はほとんどぼろぼろの状態であったのだけれども、こと写真に関してはいいことづくし。

これは自分の中ではかなりエポックメーキングな一年となった。

主だったところだと、

・UPSPのTOP30ファイナリストに選出される。(その後ロンドンで展示もされる)
・PX3のセルフポートレートコンテストで入賞
・PX3の本選で、ポートレート部門3位受賞
・PX3のPeople Choice Awardsで、ポートレート部門2位受賞
・PhotoluxのPhotoVogueセクションで1位受賞
・東京カメラ部の2013年10選の一人に選出される。
・某国際コンテスト(まだ明かせられないです)でファイナリスト選出内定
・ニコン・アジアのHPにインタヴューと写真掲載
・UPSPでManu Martとのコラボ企画、掲載
・浦邊さんと福岡さんのデュオLPのジャケットとして自分の写真が採用(スペインのレーベルから出ています)
・富士フィルムからXフォトグラファーとしてHP掲載のオファー(数ヵ月後の本日、ようやく写真を送付)
・その他諸々HP掲載や写真誌掲載等。(特に1xの写真集は4年連続の掲載となった)
・あと楽しかったのは、ポートレート撮影企画(モデルさんも機材も全部用意して戴いて恐縮の限り)

等々、枚挙に暇がないのであって、実に充実した一年だった。

ただし、相当身体に鞭打って撮り続けたのも事実。
もう幾度となく休日なんだから家で寝ていたいと挫けそうになったが、そこは根性で乗り切った。

そのようなわけで、現在も疲れがまだ取れず、ぼーとした寝正月。というか、本当に寝ていた。

このような一年を送れたのも、ひとえにいい写真を撮りたいというその一念のみであって、
これは半ば怨念めいている。

しかしここに来ていろいろ一気に加速して来たので、今年は更なる飛躍、およびとにかくいい写真。

そのための技術やら感性やら行動力やら勇気やら、諸々パワーアップです。

左様にしてどっぷりと写真に浸かった一年だったのだけど、お陰で読書数が激減。
CDは購入枚数は相変わらずハイペースだけど、聴いてる時間がないという事態がさらに拍車。

おまけに目が悪くなって、年末メガネ屋のお世話に。

そしてこれから始まる一年、どうなるのかわからないけど、とにかく撮り続ける。
これはキープ。
後はなんとかなるだろうという、特に失うものもない自分は、本当にそれだけ。

体力の許す限りがしがし行きますので、どうぞ今年も本当によろしくお願いします。

それから、被写体として自分が撮影されたZinさんの写真展も楽しかった。

等々いろいろあるわけなのだけど、この一年、勝負です。

モデル撮影の際、紗々さんの美しさに本当に驚いたのだけれども、そういうのも糧にしながらこの一年、
いきます。

最後に、ルー・リード、山口富士夫、大滝詠一に追悼の意を。

あと、昨年のベスト50はFaceBookのこちらを参照して戴くとして、

一枚となれば、下記写真。

いろいろあったけど、そして今年もいろいろあるだろうけど、皆さんどうぞよろしくです。


S0238061.jpg



テーマ:写真日記 - ジャンル:写真

  1. 2014/01/01(水) 23:46:05|
  2. 写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3
  5. | このエントリーを含むはてなブックマーク

ルッカに行けず

結局仕事の都合でイタリア行きは急遽キャンセル。

無念です。

キャンセル代もおよそ15万円。

洒落になりません。

しかし仕事というのはおよそ個人的な事情など考慮するはずもなく、会社の利益を優先するのは当然のこと。

個人の事情を一々考慮していたら、この時代、その会社は潰れます。(と、敬愛する写真家からご指摘を受けました。)

したがって、今回問われたのは、写真を本気でやる覚悟はあるのかということです。

自分の場合、趣味でやってたらとんとんとんと、何故か評判がよく、ここまで来たのだけれども、
会社を棄てる覚悟はあるのかというこの問題、これはあまり深く考えないようにします。

何故ならば、考えても結論が出ないから。

なるようにしかなりません。

とにかく撮り続けること。

これは至上命題として継続していきます。

さて今回のフェスティヴァル、地元ルッカのテレビでも放送されたようです。




ネットでも。



やっぱり行きたかったな。


展示されてる45枚は、こちらで確認できます。


ところで本日風邪で休み。

月末だけど、周りへの迷惑もあるし、大事を取った。

来月はいよいよ師走で、本当に一年が早い。

この慌ただしさに巻き込まれつつも自身を見失わないよう、それは留意していきたい。


それにしてもですね、きゃりーぱみゅぱみゅにはまってしまって、1st、2ndアルバム両方持っている。

これ80年代初頭のパンク・ニューウェーヴに通じるところがあって、実によい。

ヘヴィーローテーションと化しています。

The Thingの'Mono'と with Barry Guy 'Metal'とともに。

なんかもう滅茶苦茶ですが、そして間もなくリリースされる新譜'Boot'が楽しみな昨今ではあります。


テーマ:写真日記 - ジャンル:写真

  1. 2013/11/29(金) 20:17:04|
  2. 写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
  5. | このエントリーを含むはてなブックマーク

一筋の光が

ルッカに行くまでは絶対に会社は休まないでおこうと思っていたのに、諸々の事情で金曜は突発的に休み。

まずいな。

なんとか来週リカバリしないと。


さて、写真関連、撮っている写真は相変わらずな感じなのだけど、恐縮なことにいろいろ取り上げて戴いて嬉しい限り。

Phicturesというブログに写真とインタヴューが掲載されてます。

そしてこの夏、このコラボ企画の為に殆どの写真撮影時間を費やしたと言っていい「Beauty in the City」がようやくUPSPに掲載。

これは本当に力を入れました。

Manu Martが選んだ自分の写真四枚、自分が選んだ彼の写真四枚、お互いへのインタヴューという形式で掲載されています。

ぜひぜひご高覧のほど。

そして本日気付いたのだけど、ナショジオのYour Shotのブログに簡単なインタビューと写真が掲載されました。


そのほか、PhotoVogueの今日の一枚に選ばれたりとか、こと写真に関してだけは、好調です。

さらに、自分の写真がレコードのジャケットに。

浦邊さんと福岡さんのデュオアルバム。

スペインのレーベルから出ていてタイトルが「バルセロナ・エクスプレス」なのだけど、ジャケの写真は東急池上線という極めてローカルな路線であって、この辺、個人的には大変気に入っています。

ジャケ写は次回。

そしてそれ以外は、相変わらずダメっぷり全開であって、それをいちいち書くと落ち込むのでここでは書かない。

ただこうしてつらつら書くのはいいのだけど、肝心の写真、なかなかうまくならない。

これは壁というやつなのかもしれないけれど、自分の場合、どうしたらいいのだろう。

実に悩ましくて、ルッカ行ったらいろいろ写真が展示されているだろうから、それを見て今一度考えてみようと思う。

ただ俺くらいの年齢でいろいろと写真関連で交流が広がっていくのは有り難いこと。

ただでさえ閉じた性格なので、こういう機会、大事にしたい。

そのようなわけで、明日は写真友だちのZinさんがやっている個展に行ってきます。

ここでは自分が被写体として展示されているので、かなり恥ずかしいというか、俺でいいのかというのがあるのだけど、とにかく行ってみよう。

これです。

あと、12月に、久々にモデル撮影できるかも!なので、ちょっとというか、かなり楽しみです。


CDの方は相変わらずバカ買いしていて、本当にCD破産するかもしれない。

あー、やばいなー、あれもこれも全部買っちまってる。

ディランの47枚組とか、ニック・ドレイクのボックスとか、ヴェルヴェッツ2ndのボックスとか、やばいなー。

きゃりーぱみゅぱみゅまで持っているのであって、忍者のにんにんとかインヴェイダーが頭から離れないや。


さらに書くと、新しく出るソニーα7、このカメラ、すごく気になっていて、今あるカメラ資産売りに出しても入手するかもしれない。

左様にして日夜日本経済活性化に貢献しているのだけれども、わが暮らし、当然苦しくなる一方なので、もうやめにしたい。

清貧の気品、これでいく。


R0014242.jpg


テーマ:写真日記 - ジャンル:写真

  1. 2013/10/27(日) 00:03:43|
  2. 写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
  5. | このエントリーを含むはてなブックマーク

Photolux and PhotoVogue コンテストで一位獲得

Photolux と PhotoVogueが主催する写真コンテストで、66,000人以上が参加した中から、自分が一位獲得というとんでもないことが起きてしまいました。
(PhotoVogueセクション)

詳細はこちら

非常に光栄であるとともに、プロアマがこぞって投稿するPhotoVogueの中から一位ということに、戸惑いと困惑は隠せません。

一位獲得はイスラエルのストリート写真コンテスト以来なのですが、如何せん今回はVogueイタリアが絡んでいるだけに、話はでかいのではないかと。

ちょっと自分でもこの事態がどういうことになるのか想像できないのですが、とりあえずイタリア、行った方がいいような気がしないでもありません。

ただ今回はラッキーにも自分でしたが、自分より数段上の方が多数いることも勿論忘れていません。

気を引き締めたいと思います。

また、今回のフェスティバル、多数の写真友だちが同時に展示されることも嬉しいです。

(皆、力があって要するに誰が取ってもおかしくないということです)

取り急ぎご報告まで。

仕事も佳境だしいろいろ疲れていて、とっとと寝ることにします。

ではでは。


テーマ:写真日記 - ジャンル:写真

  1. 2013/09/19(木) 23:29:28|
  2. 写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
  5. | このエントリーを含むはてなブックマーク

PX3 People Choise Awards で二位獲得

今回の件、本審査ではポートレート部門で三位だったのだけれど、先頃発表されたPeople Choice Awardsでは二位だったことに気付きました。

要するに人気投票なのだけど、まさか自分の写真が人気があるとは思っていなかったので、かなり驚くと同時に、投票戴いた方には深く感謝する次第。

全体で約一万票くらいあったようです。

こちら

こうなってくるとやっぱり欲が出てきて、今度はもう一個上!という気持ちがとても強くなります。

PX3はご存じのように欧州最大のフォトコンテストの一つで、ここで賞を獲得することはかなり名誉なこと。

自分のような駆けだしが取っていいのだろうかと思うと同時に、やっぱり次は一番を、という気持ちが強くなってきております。

現在第8回コンテストの作品募集中。締切は10月末。

ここに間に合わせられるか、といった状況。

期間が変更になったのか、第7回の結果発表があったのと同時に今回の応募が開始されています。


ところで、折しも昨日はIPAの結果発表の日でした。

写真友だちのDr.Akira Takaue氏やTajima氏が見事それぞれのカテゴリー部門で一位を獲得。

今度NYで総合一位を決定するためのプレゼンを行うこととなっています。

全く素晴らしい。

こちらこちら

彼らには本当におめでとうとここで改めて申しあげるとともに、実によい刺激を与えてくれて、こちらにも感謝。

自分はPX3の次回、期間が短い中でどこまでいい写真が撮れるかわからないけれど、とにかくやってみようと思います。

しかしあれだ、本当にますます写真にのめり込んでいて、当分はこのまま突き進みそうです。


昨日はまた、時々コメントを頂戴する画家であり写真家であるF66さんからのオファーで自分が写真のモデル。

今度彼女の個展が開催されます。

40代の方々のポートレート。

その中の一枚が自分なわけですが、俺なんかでよかったのかなーと今でも思っているわけですが、それはそれ。

当日を楽しみに待つことにします。

昨日も渋谷で撮影。

被写体としての自分が終わった後、16時頃から今度は自分が撮影を開始したのだけれど、ちょっとあんまりいいのが撮れなかったかなあ。

その中では下記写真なんかは結構いい感じではありました。

ちなみに前回エントリした写真、1xには見事に掲載され、小躍りしている本日ではあります。

S0680090.jpg


これ電車の中で声掛けて撮らせて戴いたのだけど、三人組で左は明らかに女性、真中は男性、そして右側がこの方でした。

ただ彼らが下車する時に、左側の女性が実は男性だったことが判明したのだけど時すでに遅し。

三人揃っての写真、一枚撮っておけばよかったと後悔。

全く何がどうなるか予期できない街撮り。

これ、本当に面白い。


9/15 追記

この写真の方、著名なイラストレーターである谷口シロウ(レディシロウ)さんであることが後からわかりました。
いやいやしかし、いろいろあって世の中面白いですね。


テーマ:写真日記 - ジャンル:写真

  1. 2013/09/15(日) 10:55:06|
  2. 写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
  5. | このエントリーを含むはてなブックマーク

ストリート写真のレベルについて

最近ネットで読んだ記事で面白かったしためになったのはこれ


筆者はストリート写真を5つの段階でレベル分けしてるのだけれども、これとても勉強になった。

振り返って自分の写真をみれば、そのほとんどがレベル1かレベル2で、レベル3以上の写真はあったとしてもごく僅か。

やっぱりこれだなーと思い立ち、レベル3以上の写真を目指そうと。

特にレベル4、被写体を消失させたりボケさせたりで不安要素をかき立てるもの。

これには憧れる。

そしてレベル5。

様々な違った要素を一枚の写真に収める、切り取る。

こういうのができるのがやっぱりプロフェッショナルなんだろうなあと。

ロバート・フランクの凄さが改めてわかった次第。

写真集のアメリカンズを思わず読み返してしまった。


そのようなわけで、さまざまな要素を一枚の写真に入れ込むのって簡単に出来ることじゃないし、そしてそれがインパクトを持ち、写真として成り立たせるのも本当に難易度が高いのだけれども、ここを目指そうじゃないかと。

自分はまともに写真論を読んだのはバルトの「明るい部屋」だけで、ここでは予期せぬ対比がいい写真として成り立たせるみたいなことたしか書いてあった。

こういったことを念頭に入れながら、けれどもそもそも論として撮りたいもの撮って当たり前じゃんという精神は活かしつつ、ちょっとずつランクアップ出来ればなあと。

いやしかし奥深いな。


テーマ:写真日記 - ジャンル:写真

  1. 2013/08/28(水) 23:29:47|
  2. 写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
  5. | このエントリーを含むはてなブックマーク

Nikon Asiaに掲載される

以前このことをブログに書いたかどうか忘れてしまったのだけど、対面インタビューを初めて受けて、そして果たして掲載されるのかどうかずっと気になっていたのだけど、本日めでたく掲載されました。

こちらです。

ぜひぜひご高覧戴きたく。

日本のニコンではなく、本拠地がシンガポールのニコン・アジアに掲載されるというところがなんともミソ。

しかし嬉しすぎてまだ眠れない。

いややっぱりニコンの公式HPに掲載されるというのは、ちょっと信じ難い。

当然ながら、掲載される写真は全てニコンのカメラで撮った写真じゃなきゃダメなので、最近のは載ってはいないのだけれど、それでもやっぱり嬉しすぎます。

この調子で今後もがんがんいきたいです。

自分は勿論今でもニコンユーザーで、D800はローンを払い続けているし、Nikon 1 V1、V2、D300も保有しているわけで、しかしながら最近はもっぱらGRとFuji X100Sなわけです。

それでもそのような自分の写真に目を付けてくれたニコン・アジアのスタッフには本当に感謝。

この恩に報いるためにももっと上達していい写真たくさん撮りたい。

いづれシンガポールに御礼参りしないと。

いやあ、ほんと、嬉しい。


テーマ:写真日記 - ジャンル:写真

  1. 2013/08/28(水) 02:03:19|
  2. 写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
  5. | このエントリーを含むはてなブックマーク

最近の会心作


R0012296.jpg


S0806223.jpg


R0010300.jpg


R0012364.jpg



最近のでは上記4枚はなかなか自分としてはよく撮れたなあとは思っている。

コンスタントにこういう写真が撮れればいいのだけれど、本当に1000枚に1枚とか2枚とか、そんな割合。

週末渋谷とかに出掛けて、午後一杯掛けて大体1000枚。

これを阿保のように毎週継続している。

自分でも疲れるし苦しくもあるし、家でごろごろしてた方がいいじゃんとか思うこと多々あり。

何でこんなことやっているんだろうと思うこと多々あり。

けど撮り続ける。

理由を探すためにも撮り続ける。

お陰さまで少しは上達したような気がしてます。

けれど世の中には自分よりいい写真を撮る人間は星の数ほどいるのもわかっているし、だからちょっとでも追い付きたいから撮り続ける。

この先どうなるかわからないけれど、公私に渡ってベストは尽くしたいです。

明日は仕事が提案前でかなり山場なので、ここは踏ん張ってよい週末を迎えたいところ。

気力、体力、ないかもしれないけど、やれるとこまでやってみます。



テーマ:写真日記 - ジャンル:写真

  1. 2013/08/21(水) 23:42:28|
  2. 写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
  5. | このエントリーを含むはてなブックマーク

Fuji Xシリーズ写真展

そのようなわけで、昨日行って参りました。

場所は富士フォトギャラリー新宿。

会期は16日(金)から29日(木)まで。

写真は公募で厳選された60枚が展示されていて、その内の一枚に選ばれたことは光栄です。

自分のはこれ。

R0011941.jpg

綺麗に印刷されててさすが X プリント!

などと感慨深く感じ入っておりました。

もっともっといい写真が撮れるよう精進あるのみですねー。

昨日はその後、GRで新宿撮りまくり。

結構いい感じで撮れたんだけど、絶対的な決定打というのはなかなか難しい。

こういうの、本当に通い詰めて撮っていくしかないんだろうなあとか思ったりした。

あとやっぱり基本的なところで腕いいわけじゃないから、ここは頑張って上達させないと。

休息も大事だけど、やっぱり撮らなきゃダメですわ。


今日はしゃたろーの散歩以外は家でうだうだ。

現像したり昼寝したり音楽聴いたり。

あと昨日はユニオンで、今日はアマゾンでちょっとCD買い過ぎて反省。

なにもかもきりがねえ!


ところで今日からTumblrを本格的にやってみようかなと思ったり。

こちら
です。

やっている方はぜひぜひ絡んでください。

どうぞよろしくです。


テーマ:写真日記 - ジャンル:写真

  1. 2013/08/18(日) 21:05:14|
  2. 写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
  5. | このエントリーを含むはてなブックマーク
次のページ

プロフィール

Tatsu

Author:Tatsu
e-mail:
tatsu2006@gmail.com

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

Counter

since 2007/1/15

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。