...

日々のこと

ジャズと写真と日々のこと

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告
  3. コメント(-)
  4. | このエントリーを含むはてなブックマーク

EBTGにはまる

最近初期四作がボーナストラック付で再発されたEverything But The Girlなんだけれど、1stを買ってみたら思いのほかよくて、結局四枚全て購入してしまった。

トレーシー・ソーン最高。

当時チェリー・レッド系のアルバムはほとんど聴いていたはずなんだけど、こうして改めて聴くと、本当にEBTGはよいなあと再認識。

自分は振り幅の大きい作品を好む傾向があって、思い切りやかましいか、こうした思い切り爽やかで清清しい音楽というのは実に目がない。

疲れた身体に一服の清涼剤とはまさにETBGを始めとしたネオアコであって、気分良好。

アリソン・スタットンを擁するWeekendも大好きだけれど、トレーシー・ソーンもやっぱよいわ。

最近のミュージシャンにはとんと疎くなったけれど、この頃の音って、今聴いても新鮮。

根っからのパンク・ニューウェーヴ好きであります。

さてそんな日々ではあるけれど、今日はClean Feedレーベルから、Toshinori Kondo/Massimo Pupillo/Peter Brotzmann/Paal Nilssen-Loveの四人からなるHairybonesのSnakelust、ならびにKen Vandermarkほか五人からなるPlatform 1のTakes Offが届く。

聴く前からだいたい音が想像ついてしまうやかまし系なのだけど、多分いいに違いない。

真夏の夜の激ジャズといった趣き。

こうして日々、音楽と写真と、申し訳程度で恐縮だけど、パスカルのパンセなどを読みながら夜は更けていくのであり、これもまた自分にとってはとても贅沢な時間なのであった。

しかしあれだ、あちーな。

今日はこれからちょこっと現像してとっとと寝る。

いろいろ毎日あるけれど、それも含めてこれ俺の人生也。


スポンサーサイト

テーマ:音楽 - ジャンル:音楽

  1. 2012/07/31(火) 22:19:40|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
  5. | このエントリーを含むはてなブックマーク

Roberto Palladini - photo で紹介される

表題サイト、どれくらいのものなのかよくわかっていないのだけれども、自分の1x.comの写真が30枚ほど紹介されております。

よろしければぜひ。

こちらのゲストフォトグラフィーの入り口から。

日本人としては五人目の紹介となる模様。

こういうことは、好調なんだよなあ。


テーマ:写真日記 - ジャンル:写真

  1. 2012/07/30(月) 22:32:23|
  2. 写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
  5. | このエントリーを含むはてなブックマーク

職場復帰とか妻の状態とか

なんとか無事に職場復帰を果たし、現在三週目。
最初はきつくてもうぐったりの日が続いたのだけれども、最近ようやく慣れてきた。

この調子で今後のサラリーマン生活、続けていくつもり。

ただちょっと気掛かりなのは、俺の休職中からそうだったのだけれど、妻の体調がここに来てあまり芳しくないこと。

具体的には足の痛み、動悸、微熱が続くなど。

いろいろ服薬しているのだけれどもなかなかよくならず、ちょっとこれは本当に参っている。

ストレスが原因だとは思うのだけれども、一度こうなるとなかなか元に戻ってくれなくて、ちょっと途方に暮れている状態。

本当にどうにかなってほしいのだけれども、こればかりは俺にはどうすることもできず、また今週末の通院に一縷の望みを繋げている状況。

今の自分に出来ることは、とにかく社会復帰を果たして、ちょっとでも家を安定稼動させることなんだけど、こういうのが元来不得手なものだから、まあいろいろ人生ありますね。

写真の方は、心配ばかりしていても仕方がないので週末は撮りに行っている。
そして平日の帰宅時も、余力があればちょっとだけでも撮っている感じ。

そしてつい最近フォーサーズ用のライカ製25mm f/1.4のレンズを入手したので嬉しくて仕方がない。
センサーがフォーサーズだとボケが効かないとよく言われるけれど、このレンズだとボケ効きます。

GX1はすでにハンドストラップを使って撮っている。そしてこのレンズで激写したい今日この頃。

そもそもなんで撮るのという根本的な話はあるのだけれど、今は撮りたいから撮っているだけかも。

このあたりは、必ず立ち返って考えなきゃいけないことなんだけど、考えてもよくわからない。

そんなこんなで生きていくこと即ち撮ることみたいになったら面白いのだけど、そう言えるのは、多分もうずっと先のことなんだろうなと思う今日この頃ではあります。


ところで、今日四ヶ月前に頼んでいたCRASSのロゴTシャツとCDが船便で届いた。
Tシャツが写真で見るよりずっとかっこよくて気に入っている。

この夏は、CRASSのTシャツで乗り切るぜ。


テーマ:日記 - ジャンル:日記

  1. 2012/07/30(月) 22:12:21|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
  5. | このエントリーを含むはてなブックマーク

Stark-Magazine issue 4

8月1日に発刊されます。




それにしてもですね、まさかキャノンがミラーレス一眼、センサーサイズAPS-Cで出すとは思いませんでした。
EOS M。
GX1買った翌々日に発表という絶妙なタイミング。

詳細はこちら

でも操作性、あんまよくなさそうなので、GX1でよかったのかなと思っています。




とにかくGX1で撮りまくって、1xにがんがん掲載されることを固く決意したのだった。

(EOS Mのソース紹介は、時々コメントを頂戴するHigeさんに教えてもらいました)


テーマ:写真日記 - ジャンル:写真

  1. 2012/07/24(火) 06:36:55|
  2. 写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
  5. | このエントリーを含むはてなブックマーク

Lumix GX1を購入

買っちまった。
もともとGF1は持っていたのだけど、より高性能になった感が強く、これなら普段の撮り歩きにいいかなと思って。

フォーサーズの画質がどこまでいけるかという問題はあるのだけれど、少なくともニコンワンよりはよい。GRD4よりもよい。
センサーがAPS-CのD300には負けるかもしれないけれど、これを普段持ち歩くのは無理。

というわけで、普段のお供は当分、GX1にすることにした。

早速今日撮ってみたんだけど、AFで迷う場面が多くて、これにはこちらが戸惑った。少なくともD300,GRD4,ニコワンなら問題ない場面なので。
この辺は慣れていくしかないと思う。
AF速度は、上記三台に比して劣るけれど、遅いというわけでもないので、街撮りでも十分いけるはず。

あとはこちらの腕次第。

ただ今日、慣れないせいもあってか、決定的な場面で2,3回失敗したのは痛い。
ここは精進あるのみ。

レンズは電動ズームキットを買ったのだけれど、これは使わずGF1からの20mmm f/1.7を使用。
ここらは適宜使い分けで。

ハンドストラップも購入したので、こちらの機動性には問題ないはず。

バッテリーの持ちは正直わるく、三時間ちょっとしか持たない。
なので予備のバッテリーは必携。

フォーサーズのセンサーは、悪いとは思っていなくて、ボケも効くし、普段使い、街撮りスナップはこれで十分いけるんじゃないかと思っている。

この辺も今後の精進次第。

ポートレートが、どこまでD300に迫れるかという課題があるのだけれど、相手に威圧感を与えないのと、速攻で撮れるということはGX1に分があると思っているので、頑張ってほしい。

この辺は今後見極め。

まあなんにせよ、ニコワンの画質にどうしても納得がいかなかったのでこれを購入したのだけれど、それと引き換えに爆速AFは期待できないというトレードオフの関係があるわけで、この辺はある程度割り切らないと。

いずれにしても、このカメラで1xに掲載されるレベルの決定的な写真、撮っていきたいです。

がんばるべ。


テーマ:写真日記 - ジャンル:写真

  1. 2012/07/23(月) 03:14:18|
  2. 写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
  5. | このエントリーを含むはてなブックマーク

Vogue展示会開催中

vogue-23.jpg


19日からミラノのコルソコモで開催されているはず。
自分の写真も、日本人ではただ一人展示されております。

お近くのミラノへお越しの際には、ぜひぜひお立ち寄りください。


テーマ:写真日記 - ジャンル:写真

  1. 2012/07/20(金) 04:27:24|
  2. 写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
  5. | このエントリーを含むはてなブックマーク

1x.com 118枚目掲載 追記 119枚目掲載

1x、とうとう118枚目の掲載となりました。
こちらです。
よろしければ見てやってください。

これは渋谷で声を掛けて撮らせてもらったものですが、彼女はガーナ出身の方で、彼の地での貧困に関する募金活動をやっていました。

一目見て、彼女を撮らずにどうするのだと思った次第です。
逆光ですが、上手い具合に彼女の表情を捉えることが出来たのではないかと。

決して人気が出る万人受けの写真ではないのですが、こうした写真が一定の評価を受け、掲載されるということはとても嬉しく思っています。

そもそも論だけど、写真の評価基準というのはご存知のように非常に曖昧で、例えば自分の写真なぞは、国内のアサヒカメラ.netなどでは全く評価されません。
選者の趣向に沿わなければアウトです。

先々月だったか、ワールドクラスのフォトコンテストであるBlack&White Spider Awardsで2nd placeを取ったポートレートも、アサカメでは入選の最終選考にすら残りませんでした。

左様にして評価基準は曖昧。
なので、どこの評価を自分としての基準にするかという課題が残ります。

自分の写真は素晴らしいのだと勝手に思っていても、それだけでは手前味噌で全く説得力を持ち得ません。
他者の目に晒されて、そこで初めて写真は存在し、そしてそこでの評価こそが全てだと自分では思っています。
まして写真は見られてなんぼの世界。
より多くの方に見て戴いて、批評なり批判なりを頂戴したいと思っています。

そうすることで、今後の自分の撮るモノに対する絶対的な内在的な強さというものが深まると考えているので。

別にアサヒカメラ.netを批判するつもりはさらさらありません。
選者が違えば評価も違うというこういう世界で、どこまでぶれることなく自分がいいと思った写真を撮り続けることができるかということが問題。

自分の場合、たまたま、割と海外でのウケがいい。

なので主戦場を海外のフォトコンテストを中心にしてやっており、それが運よく今年はいい結果に繋がっているという状況です。

なぜ国内ではダメで、海外ではウケがいいのかは、自分でもわかりません。

ただ例えばFacebookは自分は主に写真しか投稿していませんが、そこでの友達というのも2,000人を越え、その九割以上が海外の方というのは、やはりそうした海外ウケというものを物語っているような気がします。

主観的に考えるならば、国内の人間は見る目がなくて、海外の人間は見る目があるということになるのですが、実際はそういう問題でもないだろうと思ってまして、この辺は永遠に解決できないのかもしれません。

1x.comも同様に、自分の写真を高く評価してくれるサイト。

なので今後も主戦場はこの1x.comに置き、海外でのフォトコンテストやら展示会出品やらを行っていきたい所存です。

そしてもう、国内とか国外とか、そういったことも考える必要はないのかもしれないです。


いろいろつらつらと書きました。

今後も自分の好きな写真を好き勝手に撮っていく所存ですが、どうぞよろしくお願いいたします。


追記

本日二枚目、通算119枚目が掲載となりました。
よろしければこれ、見てやってください。


テーマ:写真日記 - ジャンル:写真

  1. 2012/07/14(土) 07:36:06|
  2. 写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:12
  5. | このエントリーを含むはてなブックマーク

ツイッター

最近つぶやいています。

お暇なときに、絡んでください。

こちら

寝る。


テーマ:日記 - ジャンル:日記

  1. 2012/07/12(木) 23:32:38|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
  5. | このエントリーを含むはてなブックマーク

Stark-Magazineのことなど

このブログのアクセス数、過去記事を全消去したこともあって、やっぱり減ったなあ。

まあしゃーない。心機一転ぼちぼちやっていく。

さて表題の件、Stark-Magazine、いい感じ。

かつてのfotoblurを想起せずにはいられない。

このブログに時々コメントを頂戴していたSakaiさんがいきなりフィーチャリングされていたり、このサイトの質の高さ、相当なもの。

自分もぼちぼちここに見合った写真が撮れるよう、やっていくつもり。

月一回、オンラインマガジンも発行しているようで、こういうの、やっぱり刺激になる。

なによりここの写真見てると、やっぱ俺ってヘタだよなと思わずにはいられない。

頑張るべ。

FacebookやTwitterのアカウントからも簡単にログイン出来るのでぜひぜひご参加の程。


ところで前回だかにエントリしたVogueとArt+Commerceとコラボ、やっぱりW-8BENの記載が足りないようで、このままでは自分の写真は掲載できないとのこと。
ふーむ、腰据えて書いてみようかなあ。


最近の毎日は、とりあえず朝出勤してその後はフリーという出勤トレーニングなのだけど、それも今週で終わり。
来週から復職予定。

ぼちぼちやっていくつもり。

いろいろ考えても仕方がないので、身体だけ動かすような感じで。

それにしてもしゃたろーとのんびり戯れるのも今週までなのだった。


テーマ:写真日記 - ジャンル:写真

  1. 2012/07/11(水) 00:00:00|
  2. 写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
  5. | このエントリーを含むはてなブックマーク

最近のしゃたろー


R0025224_1.jpg


テーマ:写真日記 - ジャンル:写真

  1. 2012/07/07(土) 00:00:00|
  2. しゃたろー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
  5. | このエントリーを含むはてなブックマーク
次のページ

プロフィール

Tatsu

Author:Tatsu
e-mail:
tatsu2006@gmail.com

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

Counter

since 2007/1/15

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。