...

日々のこと

ジャズと写真と日々のこと

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告
  3. コメント(-)
  4. | このエントリーを含むはてなブックマーク

昨晩は打ち上げ

まだ会期は日、月と二日間あるのだけれど、皆の事情もあり、土曜の昨晩、展示会の打ち上げだった。

連日盛況を極め、ヒカリエ8階の展示会としては、入場者数の記録を毎日塗り替える状態が続いている。

昨日だけでおよそ1,500人の方が来場され、自分も多くの方々とお話しができた。

これには本当に感謝。


さて、そうは言ってもこれはまだ序章にすぎず、自分は本当に、これからますます厳しい批評に晒されると思うし、それを乗り越えていかなくてはいけない。
やらなければいけないことも山のようにある。

そして今できることといえば、とにかく撮り続けること。

商売の話はその次の段階。

いい写真撮らないと話にならん。

まあとにかくやるしかないので、がんばろう。


話は変わるけれど、一昨日、久々にPhotoVogueの「今日の一枚」にセレクトされた。

こういうこと、地道に積み上げて、一歩ずつ前進するしかないなあ。

嬉しい話ではある。

写真はこれ。

Vogue 20140627



スポンサーサイト
  1. 2014/06/29(日) 04:31:16|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
  5. | このエントリーを含むはてなブックマーク

映画館で意識が遠のくことなど

写真学校の今度のゲスト講師が某有名映画監督で、しかも新作が公開されたばかりだからこれは観なければなるまい。

そのようなわけで映画を観に行ったのだけれど、強烈な睡魔が。

ほどなくして意識を失い、気付くと映画は終盤で、当然訳わかりません。

ネットでネタバレ記事を探してなんとかあらすじは掴んだけれど、なんかもったいないことしたなあ。

第一、監督に失礼だし。

今後はこういうところもきちんとケアしなくちゃならないのね。


ところで、展示会で、ようやく一万円の自分の写真集が一部だけど売れたみたい。

いやあ嬉しいなあ!

その方は展示写真も五万円で買うと申し出てくるし。

こういう方の為にも、今後ますます頑張って、いい写真撮らなきゃ。


隣でデヴィッド・リンチの展示会やっているんだけど、その写真、約80万円。

ここまでいくとは言わないけれど、そういう日が来るよう、頑張らないと。

道のりは険しいし、遠いと思うけれど、とにかく写真に対する情熱さえ失わなければ、なんとかなると信じております。


それから今度の日曜日、某著名写真家のレビューを受けることも決定。

いろいろ言われるとは思うけれど、そういう方の意見を参考にしながら、自分の写真がちょっとでもいいものになるよう精進したい。

こういう話を持って来てくれたのも自分の友人であり、やっぱり人の縁て大切だなと思った。


展示会の会期も残すところあと五日。

今日もいろいろな出会いがあったし、何より在廊していて楽しい。

明日からまた精一杯やってみる。


  1. 2014/06/25(水) 23:22:52|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
  5. | このエントリーを含むはてなブックマーク

写真展のことなど

先週水曜日から始まった東京カメラ部10選写真展、来週の月曜まであるのだけれど、既に入場者総数が一万人を超えるという盛況ぶり。

このような写真展、今後自分の人生で何回あるのだろうとか考えた。

出来る限り在廊しようとは思っているのだけれど、本日はダウン。

これで二回目。

明日は写真学校の課題の映画を観てから在廊予定。

この10選写真展のほかに、テラウチマサト氏が選出したコンテスト「ゴッホの部屋」の受賞記念トークショーにも出席して、なんだか盛り上がったみたいでよかった。

テラウチ氏が俺のこと引っ張ってくれる訳ないよなーとは思うものの、御礼も兼ねて来週から始まる写真展には顔を出す予定。

10選とゴッホの部屋のダブル受賞はそういえば唯一、自分ただ一人なのでこれは本当に光栄なこと。

運も味方していると思うけれど、ますます気を引き締めて撮影に臨みたい。


この盛況ぶりで名刺もあっという間に切れてしまって、追加2,000枚発注したけれど、仕上がりが金曜日で、なんとか週末には間に合いそう。

いや本当に感謝です。


とはいうものの、要するに今後の写真の出来、不出来が大きく自分の人生を左右させるので、本当にますます頑張らないと。

在廊しつつも、合間合間で撮影には臨みたい。


ところで、一日2,000枚という話だけれど、信頼できる某氏からの情報によれば、これは至極当たり前のことらしい。

フィルムなら一日20本。

そしてデジタルなら、5,000枚目からいろいろと面白いのが撮れてくるとのこと。

なんかもう気が遠くなるような話なのだけれど、自分の一日の最高枚数はせいぜい3,500枚程度なので、その面白くなる感覚というのを一度は味わってみたい。

在廊中は無理だから、7月、挑戦します。


ところで思ったのだけれども、この展示期間中、本当に色々な方とお会いしたり話したりすることが出来て、写真だけでこんなに面白いことになるのかと改めて感慨深い。

こういうのに味を占めると、また次、さらに次、ということになって、それはそれで楽しいことに。

俺はもう会社も辞めてしまって背水の陣だけれども、これはこれで毎日がスリリング。

やっぱりこっちの方が自分の性には合ってる。

生きているという実感が。


昨日、海外生活が主の友人にも会ったのだけれども、東京の人間は皆つまらなそうな顔をしていると言っていた。

その子はバンコクを生活の拠点にしているのだけれども、皆本当に笑顔が絶えなくて楽しいそうだ。

なるほどね。


それで、俺はこの閉塞した日本の東京という街を切り取って、なんかそこに面白いものがあったり、あるいは何か共感できるものがあったり、あるいは反発するものがあったり、なんでもいいから見た者が感情を誘発できるものが撮れればいいなとは思っている。

だからありきたりのものじゃダメで、可能な限り斬新な切り口でとは思う。

ただそうは言ってもそれが出来れば天才で、出来ないから苦しんでいる。

ここを乗り越える過程こそが遣り甲斐というもので、まあとにかく撮り続けるしかないや。

家計の経済的問題とかいろいろと今後は切羽詰まって来ると思うけれど、今はとにかくやるだけ。

なんとかなるだろ絶対に。


  1. 2014/06/24(火) 21:32:44|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
  5. | このエントリーを含むはてなブックマーク

脚が棒になる

昨日、11時から20時までほぼずっと立っていたのだけれど、予想以上に身体に負担が。

なので、今日からはおっちらおっちら行くことにする。

多分今日は17時位に到着と思われ。

この辺り、てきとーにやってかないと身体が持たないことがよく分かりました。


  1. 2014/06/19(木) 05:48:41|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
  5. | このエントリーを含むはてなブックマーク

告知 東京カメラ部10選 渋谷ヒカリエにて明日から開催

東京カメラ部にて、昨年約10万点投稿された中から10枚が選ばれており、そのうち一枚が自分の写真なわけです。

それで、明日から月末まで、渋谷ヒカリエにて合同写真展が開催されます。

詳細はこちらを参照。

自分は五枚展示されます。

お時間のある方はぜひお越しください。

お待ちしております。

また、21日16時からは、「ゴッホの部屋」の受賞写真講評がテラウチマサト氏、東京カメラ部の塚崎氏とあり、自分も登壇。
このコンテスト、奇跡的に自分は上位3名の受賞者になっております。

詳細はこちら

期間中、18日から22日は、最初のリンク通り、ハービー山口氏、安田菜津紀氏等のトークイベントも開催。

個人的には安田さんはかねてからずっと気になっていたので、自分も聞きたいところ。


そのようなわけで、基本的に在廊予定なので、この期間中は写真が撮れないかもというジレンマも発生。

途中で抜け出して撮影してしまうかもしれないです。


まあとにかくビッグなイベントになっていますので、ぜひぜひご高覧賜りたく。

東京カメラ部のスタッフの方々には心から感謝です。


テーマ:写真日記 - ジャンル:写真

  1. 2014/06/17(火) 20:32:19|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
  5. | このエントリーを含むはてなブックマーク

Vogue

泣く子も黙るファッション雑誌の最先端。

世界18カ国で販売されており、それぞれがWebサイトを持つ。

(Vogueの詳細はウィキペディアを参照)

その中で唯一投稿写真サイトを持つのがVogue Italia。
写真サイト名はPhotoVogue

イタリアという国は、本当にファッションやアートに敏感らしく、およそ日本人には考えられないくらい鋭い感覚を持っているらしい。
(イタリアにしょっちゅう滞在していた友人から聞いた話)

なのでそこが唯一、一般からの写真投稿を保持しているのも納得できるし、PhotoVogueの編集者であるAlessia Glavianoの審美眼というものも伊達ではないと思っている。

掲載は審査制で、当然ながら彼女の好みもあるから一概には言えないけれども、近年極めてレベルが高く、そして掲載された写真はどれも面白い。

セレクトされることが第一ステップ、当日のベスト・オブに選択されることが第二ステップ、トップページに掲載されることが第三ステップ、最後に、「今日の一枚」に選ばれることが第四ステップという段階を踏むことになる。

ジャンルは基本的に問わないはずだが、より斬新なものが好まれる。

ファッション雑誌なのでファッション系が強いのかというと、決してそのようなことはなく、本当にこちらがどきっとするような写真が「今日の一枚」に選ばれることもあり、この辺りがこのサイトの面白いところ。

何より昨年、イタリアの一大写真イベントであるPhotoluxのPhotoVogueセクションで自分が一位を受賞したくらいなのだから、どんなジャンルでもOKのはずだ。

それで、何がこのサイトが他の審査制写真サイトと異なるかというと、キュレーターがプロフェッショナルであるという点、そして掲載のみにとどまらず、雑誌Vogueへの掲載、展示会の開催、コンテストの開催といった具合に、その成果がネットだけにとどまらないところ。

これは本当に大きなメリットであって、続けていて損はない。

しかも無料。

上記記述の通り、イタリアのVogueだけが開設しているから、世界中から写真が集まってくる。
勿論プロフェッショナルもいる。

ここが実に面白いところで、何よりストリート写真も結構掲載されるのだ。

そのストリート写真も、最近の欧州での流行りの「笑いを取ってなんぼ」的写真などは掲載されない。

なので自分には投稿しない理由などは何もなく、せっせと投稿している次第。

前置きが長くなったけれど、さて、このPhotoVogue、最近本当に掲載が厳しくなった。

昨日も三枚投稿して即リジェクト。

容赦ありません。

以前Alessiaがどこかで書いていたが、同じような写真を投稿してもダメだ的発言をしていて、それが現実となっている。

それで何を自分はそんなに気にしているかというと、6月から結構いい感じのコンテストが始まっており、せめて掲載されないと話にならないということ。

コンテストの詳細はこちら

文中後半に書いてある通り、6月から来年3月までの長丁場。

その中で毎月5人を選出、最終的に45人を選出してその中からトップ3を決定するというもの。

なかなかやり甲斐が。

展示会にライカT。

いいですよねえ、これに選出されるのは。

このサイトのBest Ofをご覧になって戴ければわかる通り、我々日本人も健闘中。

自分もなんとか45人の中に選ばれれば、という気持ちで日々精進。

がんばります。


ところで話は変わるけれど、先日UPSPやAPFの主宰者であるTristan Parkerおよび奥さんのMelさんとご対面。

一時間ほどお茶。

彼はなかなかのナイスガイで、礼儀正しかった。

いろいろ刺激を受けて面白かったです。

俺のへなちょこ英語と筆談でなんとか乗り切った感じ。

ただ写真に関して切羽詰まってたのは自分の方かもしれない。

何しろ自分は撮る時は2,000枚というタスクがあるし、無職。

この先どうなるか未定。

相手方もやっぱり心配してると思った。

お茶代自分が払おうとしたら、「いや、俺は職を持ってるし、お前は無職なんだから」と、逆にごちそうになる羽目に。

まあそういう目で見られても仕方がないなあ。

あと、やっぱり2,000枚というのは彼に強烈なインパクトを与えたみたい。

来日して三日間で彼はもう7本も撮ったよ的話だったんだけど、でもそれは300枚にも満たないわけで、自分からすると、それならいっそデジタルにしてがつがつ撮ればいいのにと感じた。

ただ、これはひとそれぞれ流儀というものがあるから、それがどうとかは特に思わない。

結果的にいい写真が撮れればいいのだから、枚数競争しても意味はなし。

彼とはこれからもいろいろと関わりが出てくるので、この出会いは大切にしたい。


果たして量が質を圧倒するというのは本当なのか。

この答えは数年後には出る筈。

それまでは這いつくばってでも撮り続ける。

ちなみに彼と会ったその日も自分は2,000枚を突破。

昨日のiPodの修理(新品に交換になりました)時も、軽く撮ったつもりなのだけど360枚。

まあこんな感じで。


とりとめもなく書いたけど、さて本日写真学校二回目。

いろいろ吸収したいです。


  1. 2014/06/12(木) 11:15:28|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
  5. | このエントリーを含むはてなブックマーク

森山大道

彼のような世界的に偉大な写真家であっても、それだけでメシが食えるようになったのは60歳を過ぎてからという話をよく聞く。
大抵の人間は、才能があってもその前に挫折、嫌気が差してやめてしまうという。

なのでどこまでも自分の意志を、経済的にも精神的にも耐え抜いて続けた者だけが偉業を成し遂げたと言われる厳しい世界。
森山氏がよく言われるように、写真、その他諸々に対する「欲」が大きくないと、やっていけない。

だから自分もその「欲」を全面に押し出して続けていこうと決意している。

森山氏の発言をうまいことまとめた記事があったので、ぜひ参照してください。

こちら

ここでちょっと気になるのは、一回で撮る枚数が720枚くらいと発言していることで、自分には先日2,000枚と発言。

この2,000枚が自分の現在の指標となっているのだけれど、まあいいや。

とにかく2,000枚が目標。

ちなみに、6月7日(土)は、自分は3,200枚。渋谷で。

お陰で昨日、今日と腑抜けのような状態で、これを毎日維持継続させるのはかなり厳しい。

多分ここが森山氏の言う「欲」が大きいかどうかの端境期で、ここで止まったらそれまで。

だから明日からまた撮る。

今の自分は撮ることしか能が無いのだから、嫌でも撮り続けるしかない。

そういう環境に自ら身を置いた。

逃げ場はなし。


ところで、自分が愛用しているiPodがまたぶっ壊れてしまい、水曜日に修理の予約入れた。
4月末に購入したので多分無償で直してくれると思うけど。

画面が真っ黒のままうんともすんとも言わない。
充電してもダメ。

まあ機械は壊れるよね。
人間もよく壊れるし。

と、ここまで書いてたら、件のTristan Parker氏からメールが。

やっぱり会うことになるのかな。

それはそれで楽しみではあります。


さて、LensCultureのコンテスト、もう一発応募した。
55ドルは本当に決して安くはない値段だけれど、ここは勝負だと思った。
「Tokyo Street Portraits」をがーんと投入。

ついでにもう締め切られたけどUPSPのストリートコンテストにも応募。

本当に今年は勝負。

ずっと勝負。

そういう世界であります。

早速だけど、LensCultureの方は、Facebookの方で写真がシェアされたみたいでちょっと安心。

がんばります。

これからどんどん風当たりが強くなるだろうし、その為にはちょっとでも結果を出しておかないと。

そして森山氏の発言、指針が今の自分の精神的支柱。

著書「路上スナップのススメ」を早速購入。これを支えにやっていこうと思う。


最後に、先日の3,200枚撮ってた時に、また警察に呼びとめられたのだけれども、どうやら渋谷では写真を撮った撮られたでしょっちゅうトラブルが絶えないらしくて、うまいことやって注意してほしいとのこと。

まあそういう時代だし、それでも撮り続けるしかないから、本当に「うまいことやる」しかない。


  1. 2014/06/09(月) 16:53:05|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
  5. | このエントリーを含むはてなブックマーク

久々にテレビとか

寝て起きて、ぼーとしつつコーヒーを飲み、今日は現像の日にしようと決めてずっと現像していた。

で、夕刻、ちょっとテレビでも、と、たまったビデオの中から「黒ユリ団地」。前田敦子主演。

見るんじゃなかったと後悔しつつ、こんなに激しい雨になるならやっぱり撮りに行けばよかった。

今はオルタナ・ヘヴィー級ジャンクバンドのスワンズを聴きながらこれ書いているけれど、やっぱりこのバンド、よいですね。

それはともかく、これから森山大道の本でも読んで寝る。

明日は撮り行かなきゃ。

短め。





  1. 2014/06/07(土) 00:48:05|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
  5. | このエントリーを含むはてなブックマーク

雨の日

いよいよ梅雨入りなのだけど、この天候の不具合、街撮りの写真には実はいいコンディション。

どこかの記事で読んだのだけど、著名な外国のストリート写真家が、「自分の経験に照らすと、天候が悪ければ悪いほどいい写真が撮れる」と書いてあった。

まさにその通りで、傘というアイテムがあることによって、それだけで被写体にアクセントが加わる。

簡単に言うと、てきとーに撮っても、晴れの日よりは絵になる確率が高い。

勿論撮影者のテーマによって、それはいろいろ異なってくるのだけれど、一般的にはそれは当てはまる。

左様な理由により、昨日も渋谷に出陣。

まあまあいいのが撮れた気がする。

ちなみに撮影枚数1,500枚。

前の日が600枚、その前の日が100枚。

最後の100枚というのは、飼い犬しゃたろーのバリカンカットをひたすら撮っていたわけで、要するに興味があるものは何でも撮れる。

強烈な悪天候が訪れれば、喜び勇んで出掛ける所存ではあります。

さて本日は、結局今日は現像の徹夜明けの為、これから睡眠。

起きて気が向けば撮りに行くけれど、予定は未定。

未定といえば、前回エントリした、会う約束、結局連絡が来なかったというものすごいオチ。

連絡してこない相手もてきとーだし、こちらからコンタクトしない自分もてきとー。

まあどうでもいいや。

そんなことより今はとにかくいい写真を一枚でも多く撮りたい。

その為には外出しないといけない。

つまり家でぬくぬく出来ない。

退職以来、実は暇かというと全くそのようなことはなく、テレビも見る暇がないし、本も読む時間もまともに取れない。

ひたすら撮影、現像の繰り返し。

あとは睡眠。と、犬の散歩。

実にシンプルライフ。

色に例えると、完璧にモノクロームな感じで日々過ごしております。


ところで、自分が退職しただけで、それは記事になるから書かせてくれ!
と香港の方が言うので、ずっと戸惑っていたら、いつの間にか記事になってた。

これです。

なんか結構人気のありそうなサイトで、香港で13万「いいね」というのはそれなりのアクセスがありそう。

自分は著名人でもなんでもないただの一般人、しかも無職な人間で、そのような人間を記事にして本当に面白いのか甚だ覚束ないのだけれど、ここは有り難きご好意。
感謝です。

このブログにまでしっかりとリンクが張られていて、でもまあ、それだけ自分の写真に興味を持って戴けるということは、本当に有り難く、ますます自分は頑張らねば。

さて、寝る。

自分のペースでいろいろやっていると本当に世間的にはずれてくることがよくわかった。


先日、Facebookで面白い記事が流れて来てて、それはこれ

クリエイティブな人間の22の特徴を書いているもの。
その根拠はともかく、また自分はクリエイティブでもなんでもないと思っているけれど、異様に当てはまる。

決定的に当てはまるのは、数字が嫌いとか物事の先延ばしとか。
それで営業のサラリーマンやっていたんだから疲れるよなあ。

そういえば思いだしたのだけれども、高校時代、理系科目は殆ど1で、追試でやっと単位が取れた記憶が。
物理の公式とか何が面白いのかさっぱりわからず、年間オール1だったと思う。

数学も科学も訳がわからず、唯一面白かったのが生物くらいか。

圧倒的に倫理・社会系が好きで、高校時代からしょっちゅう哲学書を読んでた。

まあそういう人間。

ああ思いだした。

だから私立文系の大学に絞っていたのだった。

営業とか数字が命なのに、それに興味が最後まで持てなかったのは、これはやはり仕方がなかったのかもしれない。

好きを仕事にするのではなく、仕事を好きになればいいと世間ではよく言われる。

然しながら、向いてないものは向いてないので、そういう時はとっとと転職した方がよい。

自分は遅すぎた。

しかしこれもまたよく言われるように、「早すぎることはあっても遅すぎるということはない」。


  1. 2014/06/06(金) 08:25:35|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
  5. | このエントリーを含むはてなブックマーク

Selfie

R0016704_11.jpg


X1OO5506.jpg


一枚目が2009年12月4日撮影。
場所は新宿のライブハウス、ピットインの近く

二枚目が2014年5月31日撮影。
場所は渋谷のどこかの公衆トイレ。

自分撮りというのはこの過去二枚のみ。
自分を撮っても面白くないし、他人様も面白くないだろうという判断から。
(イケメンなら何枚でもアップしますが)

今回は、まあたまには、というただそれだけの理由で撮ったもので、特に深い理由は何もない。

それで、Facebookにアップしたら、今までのどの写真よりも反響があり呆然唖然としている次第。

800近い「いいね」数とともに、幾つかのご批判も頂戴している。

しかしあれだ、何がそんなに面白いのかやっぱりよくわからんのだけど、まあ意味もなく撮った写真が気に入ってもらえるのは悪い気はしない。
とともに、SNSってこわいなあとか、やっぱり気を緩めた写真とかアップしちゃダメだなとか思ったりした。

次はまた五年後くらいでしょうか。撮るの。

生きていればこれ幸い。


さて、写真活動なのだけど、先週末は、土曜が2,200枚。日曜が1,700枚。

まあこんな感じで。

今週はまだ撮っていなくて、明日は撮ろうかと。

本当は今日撮りに行きたかったのだけど、飼い犬しゃたろーの散髪予約がこの時間しか取れなくて、本日は断念。

あまりにもコーギーという犬種、抜け毛が半端ではないので、バリカンで全部刈ってもらおうと思っている。

ちょっとはこれで家の中が人が住める状態になればよいのだが。


ところで、Rammy Narula、Tristan Parkerというストリート写真家が相次いで来日予定。

会おうということになっているが、自分は英語が本当にちょっとしか喋れないので、一抹の不安が。

たしかRammyは今日来るはずで、明日会うかもしれないし、明後日かもしれない。

なんか俺、てきとーなのだけど、まあこんな感じで。


最近のトピックとしては、なんと!当たっちゃいました16TBのHDDセット。

買えば税込15万円超える高額商品。

いや本当にラッキーであります。

実はもう3TBのディスクが満杯で、また買わなきゃと思っていた矢先。

商品詳細はこれです。

2TBが8台で、自分としては今のところRaidは組まず、シングルモードで使用予定。

バックアップ取れば済む話だし、Raidもアレイコントローラがやられちゃうとどうにもならないから。

しかしなんかついてるな。

この調子で人生いいこと尽くしでありますよう、本当によろしくお願いいたします。


  1. 2014/06/03(火) 15:00:13|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3
  5. | このエントリーを含むはてなブックマーク

プロフィール

Tatsu

Author:Tatsu
e-mail:
tatsu2006@gmail.com

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

Counter

since 2007/1/15

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。