...

日々のこと

ジャズと写真と日々のこと

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告
  3. コメント(-)
  4. | このエントリーを含むはてなブックマーク

職が決まらないと落ち着いて撮影が出来ないのだけれども、そういう状態がかれこれ数カ月。
駅のホームで求人誌などを数冊入手し、帰宅時に読む。

警備員なんかもいいよなーと思いつつも、カメラ関係の求人が毎日メールで届くものだからそちらにまたダメモトで応募。

ただ最近思ったのは、キャバ嬢のポートレートにしろ、ウェディング関連にしろ、自分は撮っていても面白くないだろうなあということ。

どうにもストリートの魅力から離れられない。

昨日一日中竹下通りを歩きまわったけど、カメラを持たずともあの雑踏感が最高に心地よい。

とすれば、時給のよい写真とは関係のない仕事をとっとと見つけて、休日撮影に専念した方がいいのかもしれない。

夜勤でやれば、夕刻も早朝も撮れるはずだから、もし本当にストリートに全てを掛けるならば、その方が適切かもしれない。

少々考えて、早急にけり付ける。

なにしろカネ。

ここは決断の時。


スポンサーサイト
  1. 2015/04/29(水) 02:37:27|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
  5. | このエントリーを含むはてなブックマーク

さてそのバイト、ただの新手のキャッチだったということが判明。

自分の心情、信条としてこれはいただけない。

本日足を棒にして一日働いたが、帰宅後辞めることを決断。

連絡。

要するにタダ働きとなった。

また職探しの振り出しに戻る。


  1. 2015/04/28(火) 00:13:36|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
  5. | このエントリーを含むはてなブックマーク

本日無事データ入稿完了。

あとは発刊を待つのみ。

そしてそれに伴う写真展の準備に注力。

今日はex-resist展で、映画監督山本政志氏とレジスト塾長である写真家吉永マサユキ氏の対談を聞く。
本当に為になる話だった。

一つでも多くのことを吸収して自分の写真として表現できるようにしたい。

29日はこの写真展で、自分もレジスト塾現役生ということでトークショーに参加。

お時間の都合が合えばぜひ。

明日からバイト開始。

いよいよがんばろう。


  1. 2015/04/27(月) 02:26:21|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
  5. | このエントリーを含むはてなブックマーク

昨日は写真展を三件梯子して、帰宅。
その後本日提出の写真集レイアウト案に取り掛かり。

なんとか完了。
これ本日持参してとりあえず写真集データ案件終了の予定。

この4枚でよかったのかとか、このレイアウトでよかったのかとか、いろいろ課題はあるものの、それなりに納得のいくものにはしたつもり。

これを気鋭のディレクターである町口覚氏が編集するわけだけれど、こうなると、今回の写真集、楽しみとなってきた。

これを一つの起点として、さらに次へ。

とっとと寝て、早起きしないと。

明日もいろいろ予定あり。

そして何より、最後の無職である休みの日。

月曜からはいよいよ労働なわけで、ほぼ一年間の無職期間に終止符。

この一年、ひたすら撮影、本当にそうした365日だった。

我ながら、よくぞここまで継続したものだと思う。

しかしここまでのめりこんでも、納得のいく状況にはならないから写真とは恐るべし。

そして今後、5日間はバイトでのスナップポートレート(スカウト諸々含むけれど)、二日間は休日でストリート。

いずれにしても写真、それ一筋の生活へ。

気合い入れてがんばろう。

もっといいものが必ず撮れることが出来る、そうなる日を信じて。


  1. 2015/04/26(日) 04:51:04|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
  5. | このエントリーを含むはてなブックマーク

1x.comでトップメンバーの三位に浮上

これなわけですが。

レーティングシステムが変更になったようで、自分は三位に浮上。

もう全く信じられないほどの驚き。

1x掲載を目標に当初からやってきたことは紛れもない一つの事実で、そしてここで掲載された写真というのは、自分のレベル感を確認する場にもなっている。

1xがどんなに落ちぶれようと、ここに掲載されている写真というのはやはり際立っているし、少なくともストリートに関しては自分の写真と比してどうかという指標にもなっている。

たしかにRui Palhaの影響が色濃い写真も多いが、そしてフリッカーにはそれ以上にレベルの高いストリートグループがあることも確かだけれど、こうして自分がジャンルを超えて三位というのは感慨深い。

全く信じられないなあ。

こういう評価と、実際の自分の生活との乖離も甚だしいわけだけれども、全く何がどうやら。

とにかく撮影継続。

これあるのみ。

明日に備えてもう寝よう。





  1. 2015/04/25(土) 02:03:33|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
  5. | このエントリーを含むはてなブックマーク

時々ふと思うのだけれど、自分はこのままどん底に落ちるのじゃないかと。

ほぼ持ちガネもない状況で、個展やら写真集やらは暫く遠のいた。

今できることは、バイトでなんとか生計を立てることと、5月の東京カメラ部への写真展出品と6月のレジスト修了展での展示。

その修了展と同時に刊行されるレジスト写真集への掲載。(B5判の写真集で、一人4P)

そのデータ納品も今月中で、今その写真のセレクトやらレイアウトで頭を悩ませている。

こうしたことに精を出しつつも、さて今後どうなるかということがいつもつきまとう。

幸いにして実家が自分を受け入れてくれたのは本当に有り難く、ここはなんとしても踏ん張らないと。

ただ気力だけでやると言ってもさすがにきついよなーとは思う。

と、つい弱音を書いたりしてるのだけれど、やれるだけやって砕け散るしかないなと思い直す。

本来ならば、今日みたいな日はいつもなら撮りに行っているのだけれど、諸々やることが多くて身動きが取れない。

ふむ。

やはり前に進むしかない。

うだうだ考えていてもどうしようもないし、なによりそれで写真が上手くなるわけではない。

ここが一番重要。

落ちるとこまで落ちてもいつでもそこが自分のゼロベース。

つまりスタート地点。

諦めたらその時点で試合終了。

簡単な図式。

熱意と希望を失わないこと。


  1. 2015/04/24(金) 14:49:12|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
  5. | このエントリーを含むはてなブックマーク

それにしても、三か月もブログを放置していたのか。

あっという間に時間が過ぎていく。

いかんいかん。

ここはきっちりと書いていこう。

どうぞこれからもよろしくお願いします。


  1. 2015/04/23(木) 03:32:17|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
  5. | このエントリーを含むはてなブックマーク

The 20 most Influential Street Photographers の一人に選出される

表題の件、これです。

あくまでStreethunters.netでの人気投票みたいなものだから参考程度で。

けれどもどういう形であれ、こうしたものに選出されることはこのうえなく光栄。

名前負けしないよう、しっかりといい写真、撮っていきたい。

とはいえ、それが簡単に出来れば苦労しないわけで、もう本当に撮影の継続。

ここにしか解はないと思う。



  1. 2015/04/23(木) 03:27:35|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
  5. | このエントリーを含むはてなブックマーク

働き口がバイトではあるけれど漸く見つかった。

原宿にある小さな芸能プロダクション。
そこで自分はカメラマンとして、原宿の女性に声を掛け、街かどスナップを撮るという仕事。
時給千円から。
来週から勤務。
途中で写真関係は諦めて、営業職にしようとしたけれど、気乗りせず、また書類選考も落ちまくりで、世の中の厳しさを改めて知ることとなった。
そして本来何故会社を辞したのかという初心を取り戻し、やはり写真で勝負という道を選んだ。
ここで一発勝負の人生開始。

それとは別に、諸々あって、妻とは先週から別居中。
妻はずっと病と闘ってきたが、名医にかかり、薬が全部抜けた。
そこまではよかったのだけど、その後妻の自分に対する態度は急変し、一緒には生活できない状態となった。
(自分には冷淡な態度、怒り等を現わすようになった)

これは一時的なものなのか、それともこれが妻の本来の姿なのかまだ判断できない。
医者は三カ月くらい様子を見てくれという。

なので暫く離れて様子を見ることに。
(自分は今は母親ひとりの実家に身を寄せている)

自分の使える貯蓄もぎりぎりで、妻の家の光熱費等は毎月引かれていくし、カネはどんどん減ってきている。
失業手当も切れた。
ここでこのバイト、しっかり稼いでおきたい。
ノルマをこなせないと翌月クビという結構シビアなバイトだけに、油断できない。

いずれにせよ、こうした現状は自分の選んだ道であるし、自分の態度が招いた事態でもあるから真摯に受け止めている。
そして当り前のことだけど、何も悲観することはない。

前に進むだけ。

そして休日にストリートを撮り続ける。

これが自分が選んだ道、そしてこれが今の現状。

どこまで這いあがれるか、人生のギャンブルではあるけれど、つまらないはずがない。
やれるとこまでやっていく。

そしてとりあえずは5月の東京カメラ部写真展、6月末から始まるレジスト写真塾の修了展、まずここに注力。

風邪気味ではあるけれど、身体が資本。
ここだけは留意してやっていきます。


  1. 2015/04/23(木) 03:11:19|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
  5. | このエントリーを含むはてなブックマーク

プロフィール

Tatsu

Author:Tatsu
e-mail:
tatsu2006@gmail.com

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

Counter

since 2007/1/15

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。