...

日々のこと

ジャズと写真と日々のこと

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告
  3. コメント(-)
  4. | このエントリーを含むはてなブックマーク

ロンドンのギャラリー、Beetles+Huxleyで展示中なのだけど、まさかそのホームページのトップで自分がフィーチャーされるとは思わなかった。

さすがにこれには驚く。

こちら
5アイテムフィーチャーされてるのだけど、一番最初。
ページの一番下のFeatureの欄。
これがいつまで続くのかわからないけど、まあとにかくラッキー幸い。

先方も売り込みに力を入れてくれているんだなあと思うと同時に、売れなければはいさようならの世界なんだろうということを考えずにはいられない。

厳しい世界。

うまく行く分にはいいけど、ダメだとしても、そこで自分を見失わず、しっかりと自分が納得できるものを撮影継続すること。

自分は商人ではないのだし、商業写真家でもないのだから、そこは履き違えたらダメ。

このまま売れなくても変わらず撮り続けることをしっかり肝に据えておかないと。


ところで先日レンズカルチャーで、主宰者のジム・キャスパー自らが、セレクト、執筆するという極めて異例の記事、「21st Century Street Photography: 250 New Examples」がトップページで紹介されている。

こちらがその記事。

過日発表されたストリート写真のコンテストで、惜しくも選外となった写真を中心に250枚。
シングル部門の応募写真からセレクトされているはずで、入賞写真も掲載されている。
幸いにして、自分の落選したシングル応募写真も二枚セレクトされた。
残りの一枚は、シリーズで入賞しているから、結局全て陽の目を見ることとなった。

このジムのセレクションをどう思うかはそれぞれあると思うけれど、その表題通り、これからのストリート写真はこういう写真が主流になっていくのかなとは思った。

即ち、パンフォーカス(ボケなし)、カラー、引き気味、構図で見せる、決定的瞬間を切り取っているかどうか、なんらかの社会性を持っているか、ちょっとしたユーモアのセンス等々。

見ていくうちにわかると思うけれど、抒情性、情緒性を感じさせる写真は少ない。
ドライな感じ。

だからなんだと言うと、そういうのが主流になっていくとジムが言っているという話で、そこで自分の作風を変える必要はないと思う。
ただ世界に通用する写真を押していきたいならば、こういうのも頭の隅に入れておいて損はないと思う。

それで、自分はどうかというと、幸いにして選出されているものの、これを参考にどうこうするつもりはない。

これが主流だからこれでいこうというのはあまりにも能が無さ過ぎで、あくまで自分の写真を追求すべき。
そしてそれをやらないと写真を撮っている意味はない。
少なくとも自分の場合。

なのでこういうのを横目で見ながらも、自らが撮りたいものを撮り続け、結果としてそれが認められればラッキーという感じ。

勿論、以前にも書いたけれど、手前味噌の写真ではどうしようもないから、少なくともある一定の水準はクリアすることが最低条件。

写真に際限なし。
そして再現なし。
考えなしに同じことやっても意味なし。

俺と勝負してくれ。

こっちも人生賭けてやるから。


スポンサーサイト
  1. 2015/11/29(日) 03:08:09|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
  5. | このエントリーを含むはてなブックマーク

本日はたまりにたまった写真関連の事務手続きを一気に片付け。
でもまだ終わってないことに気付く。
あれもこれも書類やらメールの返信しないと。

そのようなわけで一日家で過ごす。

ストリーミングの音楽配信サービスを利用していることもあり、一日中聞きっぱなし。
音質もいいし、殆どの新譜も聞けるし、CD買う意味が特にない。

なので今は延々とグレイトフルデッドのライブが流れているのだけれども、いやしかし聴ききれない。
もう本当に情報過多。

そう考えると写真だってネットを見ればどんどん流れて来るし、ここで写真の存在意義とか、その写真を大枚はたいて買うこととか、本当にいいものしか売れないんじゃないかと思ったり。

なにせこの世の中、時間に追われてあくせくするばかりで心の余裕などあるはずもなく。

自分としては、そうした時世が狂っているとしか思えなくて、そうした人々が渦巻く街を撮ろうともしているのだけれども。

どこかの記事で読んだのだけど、かつては大企業に勤めて高給を得ることが一つのステータスだったけれども、今ではいかに自分の時間を自由に使えて自身の人生を生きられるのかが、一番のステータスになっているとか。

まあそんなことはどうだっていいや。

ヒトサマのことはとやかく言わない。

誰もが精一杯生きているし、誰もが大きな悩みを抱えながら生きている。

そうした世の中に何か一条の光が見出せるのか、あるいはそうでないのか。

当事者、傍観者としての被写体の撮影。

その意味もまた、後から着いてくると考えている。


明日は朝一でプロラボ行って、プリント受け取り。
その足で半蔵門のFedexへ行って、ロンドンへ郵送。
その後撮影の予定。

常に路上にいること。

これは自分の信条であり心情。


  1. 2015/11/24(火) 01:17:17|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
  5. | このエントリーを含むはてなブックマーク

ロンドンの写真展、まだ開催されてないというのに、ネットから早くも三枚の買い注文を受ける。
ありがたや。

これで借金はかなり返済できそう。

しかしつくづく思ったのだけれども、このギャラリー、この展示会、かなり著名なようで、全く自分ごときの写真が展示されるとはなんたることか。

今年はそういうわけでなんとか乗り切れそうだけど、来年は特に何もなし。

ハリス氏のプロジェクトが開催されるものの、その後の展望は特にないから、とにかく写真を撮らないと。

願わくば、このロンドンの展示会、そしてハリスのプロジェクトが成功して次に繋がればといったところ。

ここまで本当に運がよくてこういうものに参加できたけれど、いつまでもいいことばかりは続かないと思う。

そもそも自分の写真が一般受けするとは到底思えない。

どこまで自分の巡り合わせを活かし切れるか、ここにかかっているし、それは謙虚に撮り続けるしかない。

その意味では、先日撮影したライブ写真は先方に気に入られたようで一安心。

まだまだ攻め続ける。

あと二回の撮影に注力。

そして主流のストリート、ここが最近撮りきれていない。

明日はきっちり撮りたいのでそろそろ寝る。

いい写真を撮ろうと思っても撮れないのがミソで、これ本当に通って撮ってなんぼの世界。

量を撮らないとやっぱり厳しいと思うし、歩き回らないと絶対にいいのなんか撮れるわけない。

がんばろー。


  1. 2015/11/20(金) 01:21:51|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
  5. | このエントリーを含むはてなブックマーク

昨日はポートレートプロジェクトの打ち合わせ。
つくづく綺麗でかわいい方だなあと思った。

しっかりとした信念を持っていて、二十歳とは思えないブレの無さ。
自分がその当時は、実にテキトーに過ごしていたから、そういう考えを持って行動していることに尊敬の念を抱く。

これはなんとかいい写真が撮れればいいのだけど。

さて本日は、これからライブの撮影。
気合い入れていこう。

こっちもテキトーな写真なんて撮ったらもう次はないので、死ぬ気で撮る。
先方が納得してくれればいいのだけれど。

とにかくやってみよう。
今までライブ撮影は何度かやって、それなりにいい感じでは撮れているのだけれど、勿論油断はできない。

本日も勝負なり。

それではこれより出発。


追記

1x.comのブログで面白い記事が二つ。
Black and white versus colour street photography
と、
Street photography: Art form or invasion of privacy?

どちらも読み応えあり。
ちなみに後者の方は、自分の写真も掲載されております。
しかし記事が記事だけに、いろいろ考えるところではあるけれど。
とにかく信念を持って撮影をしているならば、大きな間違いにはならないし、被写体も納得してくれるのではないかと、そう考えています。


  1. 2015/11/15(日) 11:46:38|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
  5. | このエントリーを含むはてなブックマーク

本日は、某商社でハリスのプロジェクト打ち合わせ。

撮影は今月一回、来月二回。

ここできちんと撮れなければ今後の話はなくなるし、撮れれば次に繋がると思う。

気合い入れていこう。

一回目は明後日。

万全の態勢で。


明日は、例のプライベートプロジェクト打ち合わせ。

まだ自分の中でおぼろげながらしか構想が湧いて来ず。

こういうのは会った時点でインスピレーションが湧くはずで、そのためにもクリーンな状態で臨もう。


スナップたるや、理詰めの写真など面白いはずもなく、不完全だからこそ見る側も想像力が働くはずで、レベルは維持しつつも直観勝負。

これすごく難しいのだけれども、そういう写真を可能な限り撮り続けたい。


ところで来年からは、バイトの回数が減らされそう。 (正規職員が増員された)

月3回が平均回数になりそうで、これだととてもじゃないけどやっていけない。

写真関連で仕事が回るようになればいいのだけれど、そういうのは今のハリスのプロジェクトのみ。

いろいろ思案のしどころ。

と、考えているだけではどうにもならないので、これはまた来年考えよう。

ストリート、これが自分の原動力なのだから、ここ、きちんといい写真を撮りたい。

いろいろがんばろう。


身体が資本。

最近、冷え取りの靴下4枚重ねを購入し、実践中。

やや健康オタク気味。


  1. 2015/11/13(金) 23:31:00|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
  5. | このエントリーを含むはてなブックマーク

ロンドンでの展示のことなど。

11月下旬から開催される展示内容、先方ギャラリーのHPで漸く確認。

巨匠ばかりで畏れ多い。

HPはこちら

最後の7ページと8ページに掲載されております。が、

なにゆえ自分が選抜されたのか、やはり未だによくわからない。

Photo Shanghaiでの展示がきっかけとはいえ、話がとんとんとんと行き過ぎで、ここは慎重に。

ただ写真の神様は自分に味方をしてくれているようだ。

こういう時こそ冷静に、そしてたゆまぬ努力を。

明日は例の件で打ち合わせ。

こちらも丁寧に。

いよいよ真摯に写真と向き合う時期が来たように思う。


プライベートなことを考えると本当に気が滅入ってくるのだけれど、この写真に掛ける思いを何より大切にして、ここは踏ん張っていきたい。


  1. 2015/11/13(金) 01:27:52|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
  5. | このエントリーを含むはてなブックマーク

夜勤を終えた後、通院している整骨院でいろいろ状態を聞いたのだけど、相変わらず相当に骨盤がやばいらしくて、通常のヒトが50だとすると、自分の状態は20-25位とのこと。

なので腰痛もよくならないし、それに伴う肩こり、首のこりもよくならないようで、もう地道にウォーキングやらストレッチやらやってくしかないなあという状況。

そういった症状を和らげる薬も毎日飲んでいるけれど、いわゆる対症療法だから、飲んでいても一向に良くはならない。

これもまた地道にやっていくしかないなあ。


さて、前回エントリしたハリス氏の件、話が具体化した。

ここから先は今は書けないのだけど、今月、来月はいろいろと忙しくなりそう。

頑張らねば。

いい写真が撮れれば次に繋がっていくし、ダメならそこで終了。

いつもの自分の写真が撮れればいけるとは思っているのだけれど、こればかりは何も保証がない。

とにかく全力で取り組みたい。


それとは別に、全くプライベートなプロジェクトも始めます。

いわゆる女性のポートレートなのだけど、オフショットを中心にシリーズ化していく予定。

どこまでいけるのか、正直自分自身もわからないのだけれど、走りながら考えていく感じ。

これは自分が良しとするまでは公開しない。

これもまた自身への挑戦プロジェクト。

頑張っていく。

これもまた今週からスタート。


いろいろやっていくうちに、自分の写真とはなんだろうとか、なんで撮っているんだろうとか、そういうことも徐々に明瞭になっていくとは思う。

とにかく撮り続けること。

そして自分の思いつくことは可能な限りやってみること。

そういうことが出来る今の状況は感謝。

勿論、妻の状態が気掛かりだったりその他諸々心配事はきりがないほどあるのだけれど、そういうのを今は断ち切って撮影に臨む。

今しか出来ない撮影。

これに全力で取り組む。


ところでですね、きゃりーぱみゅぱみゅのヴィデオクリップ集がほしくてしょうがない。


  1. 2015/11/10(火) 22:24:17|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
  5. | このエントリーを含むはてなブックマーク

一昨日が夜勤のバイト明け。
そのまま夕刻まで渋谷、原宿で撮影。
ひたすら何も考えず、思うがままに撮る。

昨日は、天候が怪しいながらも午後三時頃から渋谷で撮影。
夕刻まで。

本日、疲労のせいか、起床は夕刻7時前。
ひたすら寝ていた。

どうしても撮影時は神経を使うため、どっと疲れが溜まるようだ。

そして不要にも肩に力が入ってしまう。

本来ならば、しなりと肩の力、その他余分な力を抜いて撮影したいのだけれども、なかなかその域に達しない。

まだまだの証左ではある。


それにしても一昨日は1700枚程撮って、いいのが2,3枚は撮れたか。

これだけでも十分の価値あり。

昨日は700枚程撮って、特に成果なし。

写真家でもなんでもなく、ただのフリーターの身ゆえ、とにかく撮らないと。

そしてやっぱり思ったのが、自分の場合、あれこれ撮影中は考えないで、無心で撮った方がいいのが撮れるということ。

こういうやり方はダメと言われそうだけど、どうにもこっちの方が自分には向いている。

街を歩き回り、気になるものにシャッターを切る。

ひたすら被写体と自分の感覚の接点のみの撮影。

明日はどうなるかという保証も何もないこの撮影手法、しかし当面はこれで行こうと思う。

勿論、例えば光を意識したり、逆に影を意識したり、距離感を意識したりというのはままあるけれど、妙にテーマを設けても、ストリート写真の場合、自分の意識を超えたものに遭遇するというのが醍醐味なのだからこればかりはどうしようもない。

ただ日々、可能な限り多くの写真を見たり、感覚を鈍らせないような生活を送らないといけないとは思うけれど。

それは自分の場合、読書か音楽を聴くか、そのどちらかという状態。

さて、明日からは木曜まで連チャンで夜勤のバイト。

月から火、水から木。

ここでしっかり稼いでおかないと、いよいよ身動きが取れなくなる。

あとは11月下旬からロンドンで開催される写真展で、どれだけ買ってくれるかというところ。

一枚でも二枚でも売れてくれれば、多少は楽になるのだけれど。

あと写真の仕事としては、前回書いたハリス・エリオットがやっぱり自分と仕事がやりたいみたいで、再度来日するとのこと。

これはひょっとするといろいろ可能性を秘めているので、ここはきっちりやっていきたい。

そのようなわけで、この道を選んだ自分の責任であるけれど、楽しさもあり。

プライベートはぼろぼろだけど、写真に関しては今のところ引きが強い。

この強運をどこまで生かせるかも自分次第。

なかなかスリリングで面白い。

まあ、地味な毎日ではあるけれど。


  1. 2015/11/09(月) 03:08:24|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
  5. | このエントリーを含むはてなブックマーク

最近の写真サイト状況

写真をモニターで見ることが圧倒的に多いのだけれども、自分が投稿しているところでは、インスタグラムが最近は面白い。

投稿写真の質も高くて、勉強になること多々。

フォロワー数が百万以上とかのバケモノアカウントもあるけれど、iPad上でじっくり見る分にはやっぱりインスタかなあと思う。

自分の写真への食い付きといったら失礼かもしれないけれど、反応も早くて、三カ月足らずであっという間にフォロワー数が三千超え。
どこで自分のことを知るのか知らないけれど、いろいろと面白い。

ただしっかりと勉強したいとなるとレンズカルチャーかなあとは思う。

日本人でも鈴木理策さんや川内倫子さんとか取り上げられてて面白い。

審査制のサイトでは、やはり腐っても鯛、というとなんだけど、1x.comのレベルの高さは相変わらず。

自分はここに投稿して、通るか通らないかというのは一つの目安としているのだけれど、それ以上のものを求めるのは難しいかもしれない。

ここは単の写真の完成度を求めるサイトなので、いわゆる組みでの写真での勉強にはならない。

また、完成度を求めるあまり、実はそれが自分が表出したいものとかけ離れていく可能性もあり、さらに、写真は作品ではなく写真は写真だという玄人筋からのご意見も頂戴していることから、ここを信望し過ぎると必ず痛い目に会うとは思う。

さらに、特にテーマが無くても上手くて綺麗な写真が掲載されていくので、実はあまり役立たないと最近では感じており、ほとんどざっと見る程度。

それでも時折はっとするような写真に出くわすから、それはそれで面白いのだけど。

そうして、1xの写真やレンズカルチャーの写真や、あるいはストリートのハイレベルな写真が次々と流れて来るインスタがやはり面白いという結論。

一方、Tumblrのように、完成度とはかけ離れているけれど、それでも面白いと感じる写真が多々あるから、つくづく写真は奥深いと思う。

Flickrは、自分の場合、投稿はするものの、特定のグループの写真しか見ていない。

で、その特定のグループ、例えばHardcore Street Photographyなんてのを見てしまうと、自分の写真の拙さをつくづく実感する。

そうは言っても投稿した自分の写真も、一日だいたい一万ビューはあるので、あまり恥ずかしい写真は出せない。

諸々頑張らないと。

それで、やっぱり写真は展示してなんぼとつくづく感じており、ここの壁をもっともっと軽く超えていきたい。

まだまだの身ゆえ、いろいろやらねば。


さて、そう思いながらも、本日一日中睡眠。

起床が夕刻の6時前で、俺は何をしているのやら。

明日はバイト。

少々疲れは取れただろうか。

いくらでも寝れてしまう今日この頃。


  1. 2015/11/05(木) 01:42:27|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
  5. | このエントリーを含むはてなブックマーク

代々木公園にて

昼過ぎから渋谷へ繰り出すも、そういえば学生時代の友人が代々木でパフォーマンスを行うことを思い出し、急遽原宿へ向かう。

到着したときには生憎公演が終了していたものの、自分のためにと少々演じてくれた。

全く彼女は学生時代からずっと演劇、パフォーマンスを継続しているわけで、優にその経歴は20年以上。

その表現力は、素人目から見た自分にもわかる図抜けたもので、やはり素晴らしいものだった。

こうしてしっかりとした実力を持ちながらも、代々木公園の片隅で一人演じる彼女は何を思いそうしているのかという想像に駆られるのだけれども、やはり20数年ぶりにその後四方山話をしてて、何も変わらずすんなりと会話が出来る。

まるで昨日までも会っていたかのように違和感を感じないそのシチュエーションは、自分には不思議でもあり、けれどもそういえば学生時代の連中は皆そんな感じだよなあということも思い出す。

様々な人生の困難に直面しながらも、こうして演技を続ける彼女を見て、そして会話をし、あらためてその生き様に感銘を受けたのだった。

いい文化の日となった。


山口桃江 於 代々木公園

X1000630_1.jpg


  1. 2015/11/04(水) 03:43:32|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
  5. | このエントリーを含むはてなブックマーク
次のページ

プロフィール

Tatsu

Author:Tatsu
e-mail:
tatsu2006@gmail.com

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

Counter

since 2007/1/15

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。