...

日々のこと

ジャズと写真と日々のこと

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告
  3. コメント(-)
  4. | このエントリーを含むはてなブックマーク

49歳 無職

さて、唐突だが表題の件、昨日20日付で23年間勤めた会社を退職。

世間的にはそういう呼称となる。

それで、何をどうしたいのかといえば、写真、ただこれのみ。

もし自分に一縷の望みでもあるのならば、それに賭けてみようじゃないかと。

まず99%は失敗するとしても、残りの1%に全てを託す。

そのような心境。

全くもってこの決断には悔いはなく、実に清々しい。

この先全く目が出なかったとしても、それはそれで納得できる。

寧ろ、何もチャレンジしなかった人生を送ったのならば、それこそ大いなる悔いとともに、
この人生を振り返ることとなるだろう。

そのようなわけで今後、このブログは、「49歳 無職」の男がどういう生き様を見せるのか、
淡々と綴っていく内容になる。

逐次更新。気が向いたら。

明日から写真学校に通い始める。

そこで何かが掴めればと思う。


それはそれとして、写真関連は結構評判がよく、ナショジオにセレクトされたり、コンスタントに1xに掲載されたり、
海外のサイト、ブログ等で紹介されたりと、まずまず。

勿論自身のスキル不足、マインドの不足等まだまだな面は多々あるのだけれど、それでもこうして
取り上げてくれることは嬉しい。

また、国内では、「東京カメラ部」2013年10選の展示会が来月中旬から月末までの二週間渋谷ヒカリエで開催。

自分は光栄にも選ばれているのだから、ここで来場者の方々の反応というのをきちんと確かめたい。

そんなこんなでばたばたと6月までは過ごしそうだけど、さて、7月から完璧に空く。

自身の写真を撮り続けることはよしとして、さて、どう生活費を稼ぐのか。

妻も俺も飼い犬も飢え死にするのか。

以後、このストーリーは続いていくのであった。


最近まずまずよく撮れた写真、評判のよかった写真を10枚厳選で掲載しておく。

S0481234.jpg

DSCF4219.jpg

DSCF5684.jpg

S0316348.jpg

S0215815.jpg

X1OO0613.jpg

X1OO1284.jpg

X1OO7255.jpg

X1OO2934.jpg

X1OO3355.jpg



  1. 2014/05/22(木) 00:41:55|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:15
  5. | このエントリーを含むはてなブックマーク
<<写真学校にて | ホーム | 本年もよろしくお願いいたします>>

コメント

陰ながら応援しております。
年齢も近く、何か思い切るなら最後のチャンス・・・決断を羨ましく感じております。
  1. 2014/05/22(木) 01:00:54 |
  2. URL |
  3. imarin #LWe9VXfQ
  4. [ 編集]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2014/05/22(木) 01:50:34 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2014/05/22(木) 03:25:52 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2014/05/22(木) 06:00:46 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集]

アルル国際写真フェスティバル

今でもTatsuoさんなら海外からのオファーを受けていると思いますが、実際に収入につながるオファーを探すのであれば毎年7月にフランスで行われているアルル国際写真フェスティバルのPhotofolioを受けることを強くお勧めします。日本からの旅費+Photofolio料金+滞在費で少なくとも50万円近い出費になると思いますが、その価値はあると思います。ネットでの活動は費用も時間も最小限の出費で済みますが実体を伴わないケースが多いと思います。一度じっくりと考えてみてください。
  1. 2014/05/22(木) 06:17:35 |
  2. URL |
  3. Shu Koumura #EUwgL5OI
  4. [ 編集]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2014/05/22(木) 07:22:59 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集]

imarinさん
実際のところ、これは他の方にはお勧めできないやり方です。
リスクが高すぎるし、ローリターンです。
自分のような、もう写真しかないだろう、貧乏でも何でも構いやしないと腹を括らないと、厳しいと思います。
自分はそれなりの覚悟は出来ていますが、当然副業も探す必要がありますし、何かと面倒です。
それでも自分はこの道を選んだからには、行けるとこまで行ってみます。
コメントありがとうございます。

  1. 2014/05/23(金) 01:55:46 |
  2. URL |
  3. Tatsu #-
  4. [ 編集]

shuさん アドバイスありがとうございます。
これは全然知りませんでした。
大いに参考にさせていただきます。
ただ今年はちょっと厳しそうなので、やるとすれば来年以降かなと。
まず国内でいろいろ聞いてみたいと思います。
ニコンサロンにまず応募してみます。
  1. 2014/05/23(金) 01:58:17 |
  2. URL |
  3. Tatsu #-
  4. [ 編集]

非公開コメントを頂戴した皆様、アドバイス、激励等ありがとうございます。
精一杯やってみます。
皆様の活動もしっかり応援させていただきます。
今後もよろしくお願いいたします。
  1. 2014/05/23(金) 02:00:46 |
  2. URL |
  3. Tatsu #-
  4. [ 編集]

アルル、写真ギャラリーについて

世界的に有名なポートフォリオレビューはアルルとサンタフェで行われている2つです。 
アルルは基本的に申し込めば参加できますがサンタフェの方は事前審査があります。 
いずれにせよ世界中からレビューを通じて世に出ようとしている人達が集まってきます。 
アルルのレビューは基本的に7月頭ですが、現時点で申し込みは出来てもホテルの予約は多分絶望的です。

写真ギャラリーについては、ご存知かもしれませんが大きくメーカー系、レンタル、自主、コマーシャルの4つに分れており、最初の2つはあくまでも作品発表の場としては有益ですが、そこから実収入につなげていくのは難しいと思います。 3番目の自主ギャラリーの多くは写真家自身が運営しているギャラリーなので、その写真家の色がついてしまう反面、彼らの持つネットワークに乗れば将来が開ける可能性はあります。 
4番目のコマーシャルギャラリーは写真(プリント)の販売を目的として個展を開く場なので高いレベルのプリント品質を要求されます。 
いずれにせよ自分がどのような方法で写真家として収入を得ていくのか(雑誌等マスメディアへの掲載料、写真集印税、クライアントからの依頼仕事のギャラ、プリント販売)を明確に決めた上で進むべき方向を決められることをお勧めします。 
ちなみに私は4番目の道を選択しました。
  1. 2014/05/23(金) 06:06:16 |
  2. URL |
  3. Shu Koumura #HYGVDvoc
  4. [ 編集]

Shuさん 非常に為になるお話ありがとうございます。
この辺、全く無知なもので、いろいろご教授ください。
ぱっと考えた場合、コマーシャル系のギャラリーで、収入は上記挙げられた4つ全てが希望です。
いや貪欲にいきたいです。
  1. 2014/05/23(金) 10:11:32 |
  2. URL |
  3. Tatsu #-
  4. [ 編集]

コマーシャルギャラリーについて

コマーシャルギャラリーの場合、日本では東京にしかないので(一応、大阪にも1つありますが)一度、様子を見に行かれては如何でしょうか?
自分が名前を知っているのは、

ZEIT-FOTO SALON
Photo Gallery International ( P.G.I.)
gallery bauhaus
Blitz Gallery
冬青
Gallery E&M
EMON PHOTO GALLERY

あたりですが、多分、どこのギャラリーも自分の所のカラーを持っていますので、まずはそれを見極めることがポイントです。
それと中にはデジタルお断り、モノクロの場合は銀塩バライタプリントしか扱わないというところもありますので事前リサーチは重要です。

ギャラリーへのアプローチとしてはポートフォリオレビュー申し入れ、あるいはアポなし持ち込みという手もありますが(確かEMONは定期的にレビューを開催していた筈です)いずれにせよギャラリーのカラーに合わないものは難しいです。

後、ニコンサロンを考えておられるようですが、発表の場を求めて考えられているのならば問題ないですが、仕事につなげようというのならば、あまりお勧めしません。
レンタルギャラりーに関しては論外です。

メーカー系ギャラリーの目的は自社製品の拡販ですし、レンタルに至っては賃料さえもらえれば無審査で展示しますので展示する意義は低いです。(Tatsuoさんのように写真を生業としようと考える場合)
その点、コマーシャルギャラリーの場合は彼らもプリント販売することを前提に個展の場を提供するのでポートフォリオレビューも真剣勝負です。

ご参考になれば幸いです。
  1. 2014/05/23(金) 12:27:50 |
  2. URL |
  3. Shu Koumura #EUwgL5OI
  4. [ 編集]

Shuさん 本当に貴重なアドバイスありがとうございます。
これは大いに参考にさせていただきます。

自分は幸いにして東京に住んでいるのですから、これらにチャレンジしない手はないですね。

真剣勝負のレビュー、受けさせていただきます。

コメントありがとうございます。
  1. 2014/05/24(土) 08:26:26 |
  2. URL |
  3. Tatsu #-
  4. [ 編集]

お勧めギャラリー

個人的な感覚ですが、モノクロデジタル+インクジェット出力に肯定的と思われる、

Blitz Gallery
EMON PHOTO GALLERY

をお勧めします。
  1. 2014/05/24(土) 12:10:15 |
  2. URL |
  3. Shu Koumura #EUwgL5OI
  4. [ 編集]

Shuさん ご丁寧にどうもありがとうございます。

こちらとニコンで挑戦しようと思います。

とにかくやってみます。 
  1. 2014/05/25(日) 06:31:40 |
  2. URL |
  3. Tatsu #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tatsu001.blog50.fc2.com/tb.php/112-892b85c5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Tatsu

Author:Tatsu
e-mail:
tatsu2006@gmail.com

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

Counter

since 2007/1/15

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。