...

日々のこと

ジャズと写真と日々のこと

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告
  3. コメント(-)
  4. | このエントリーを含むはてなブックマーク

最近のこと

5月から通い始めた写真塾も、公式講義は残すところあと一回。
残りの二回は特別講義で、塾生が希望するゲスト講師を招いての講義。

あっという間の半年だった。

あとは来年6月の卒業写真集出版とそれにあわせた写真展を開催するのみとなり、こちらのプロセスに力を注ぐこととなる。

あまり深く考えないでこの写真塾を選んだものの、ここにして正解だったと思う。

プロの写真家がどういうものか、表現ということはどういうことか、生の声を聴けること、教えを受けることはここに来なければまず無理。
実に有意義な時間を過ごすことが出来た。

写真を読み解くこと、即ちその写真を撮った人間が何を表現したいのかということを常に考えるようになり、ただ上手くて綺麗なだけの写真というのは、これは素人に任せておけばいいということも理解できた。

また、プロの視点というのは決定的にアマチュアと違うのであって、写真を組むにあたり、そこに表現者の意思が反映されていなければ、ただ単に撮っているだけだということも理解できた。

つまり例えばインパクトのある写真をずらりと並べたとしても、それはただの面白写真集であって、別に俺が撮らなくても誰かが撮る。
一表現者としてそれではダメ。

自分だからこそ撮れる写真というものを徹底的に追求して、ようやく土台に乗れるということもここで学んだ。

その他諸々書ききれないくらいのことを学んだのだけれども、勝負はこれから。

自分はこれからまた一人で撮っていくことになるのだけれど、ここで得たものをしっかりと写真に反映していきたい。

よく、いろいろな写真を撮る方、風景、街撮り、物撮り等、それはアマチュアには多いのだけれども、もし本当に徹底的に己を追求していくのならば、そうそう簡単に各ジャンルに手は出せないはずで、何故ならば、そこに自身の表現者としての意思が込められているのかという問題にぶつかるはず。

それを克服して、誰にでもきちんと説明できるのならば問題はないけれど、なんとなく感覚的に撮っているだけならば、それは今すぐやめた方がよい。
ただこれはプロ志向の考えを書いているので、趣味で好きでやっているという方ならば、特に自分は何も言うことはないです。

あとは個展によく足を運ぶようになったことも大きい。
ここで学べること多数。

つまりこの写真家は何を伝えたいのか、それをどう組んで表現しようとしているのか、そのようなことを大いに学べる場所だということを知った。

それは写真集でも同じで、カネのない自分は、今後も写真食堂「めぐたま」(恵比寿にあります)のお世話になりそう。

左様にして写真三昧。

お陰でまともにこのブログを更新出来なかったのだけれども、久々に今日は一日家におり、いろいろ手付かずだったことなど。

とにかく初っ端から一日2,000枚という衝撃の発言を聞かされ、それまで1,000枚で満足していた自分が恥ずかしくなったことは今でも鮮明に心に刻まれている。

以来今日まで、兎に角、2,000枚/回を課題として半年撮り続けてきた。

そしてそれは今後も暫くは継続していくと思う。

師曰く、それを継続していれば必ず自分のテーマが見えてくるはずだからそれを追求せよ。

たしかにいろいろと撮りたいテーマは浮かんで来ている。
しかしまだそれを確立するには至っていない。

まだまだこれからの身ということを否応なく感じざるを得ない。

そしてプロは決定的に違うということも肌で学んだし感じている。

早いとこそこに追い付かないと。

なお、今後の自分の展開としては、個展と写真集、これにいよいよ取りかかろうと思う。

その為にも納得できる一枚を求めて、明日からまた撮り続けることになりそうです。

ちなみに明日は中国の出版社の方と対面インタビュー。

自分でいいのかという思いは大いにあるのだけれど、兎に角受けることにした。

最近の成果としては、IPA 2014で、カテゴリー部門だけど一位を受賞できたこと、その他幾つかのコンペで入賞、あとはいろいろ海外のネットで紹介され続けていて、それはとても有り難いことなのだけど、そのなかでもナショジオで紹介されたのは嬉しかった。

こちらです。

とにかくやるしかねー。


  1. 2014/11/06(木) 23:15:36|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
  5. | このエントリーを含むはてなブックマーク
<<インタビュー | ホーム | 歯医者>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tatsu001.blog50.fc2.com/tb.php/132-4bf76e8b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Tatsu

Author:Tatsu
e-mail:
tatsu2006@gmail.com

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

Counter

since 2007/1/15

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。