...

日々のこと

ジャズと写真と日々のこと

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告
  3. コメント(-)
  4. | このエントリーを含むはてなブックマーク

写真コンペで求められることとか

こちら、以前写友の某氏に教えて戴いたサイトなのだけれども、フォトジャーナリズムのコンペにおける必要事項が簡潔にまとめられている。

それで、これはフォトジャーナリズムだけでなく、他のカテゴリー、例えばストリート写真でも言えることだと思うので自分なりの感想を。

ここに書いてあること、僕は他にも二名の写真家、キュレーターから全く同じことを言われたことがあり、これはあながち間違っていない。

シリーズを組むに当たって、一枚でも弱い写真があると、その写真に引っ張られて全体の心象が下がってしまうとのこと。

なのでセレクト、エディットは本当に慎重に。

また、テーマの重要性も勿論あって、例えばストリートスナップにテーマは不要というのも勿論その通りなのだけれども、巨匠はそれでオーケーだけれども、これから勝負を賭けようとする僕らみたいな人間は、きっちりテーマが相手に伝わるようにしないと厳しい。

なぜなら、いい写真を10枚応募したとしても、そこに撮影者の意図した一貫性が見えないと、まず通らない。

過日選考発表されたレンズカルチャーの入賞作を見れば、それは明白。

それと、これはあるキュレーターから聞いた話だけれども、同レベル、若しくは少々劣った写真群でも、ステートメントがしっかり書かれている方が、この場合選ばれるそうだ。

なぜなら、世界100ヶ国とかそうした規模で応募作が集まるなか、価値観も視点も千差万別で、そこで審査員は選抜をかける時、これはどうした意図のもとに撮影されたのかということを探らないと選べないからだそうだ。

なので、いいとかわるいとかそういうことでなく、ある規模のコンペに応募しようとするなら、そうしたことも丁寧にやっていく必要があるということ。

あと並び。

これは可能な限り強い写真を一枚目に持ってきて、きちんとストーリーを整えていくというのが一般的だそう。

こうしたことを踏まえたうえでコンペは応募する必要がありそうです。


勘違いしてほしくないのは、これはあくまでコンペの話で、作家の写真の善し悪しとか展示の話とか写真集の話ではないこと。

そして賞は水もので、写真の価値とは連動しないこと。


ただ普段、漫然と撮影していると、何が撮りたくて何を伝えたいのか、そして見る側にどう伝わるのか、こうしたことは相当ぼやけてくるとは思う。

そして写真の玄人筋は、一枚の写真ではなく、全体を見てその写真家を判断するので、一枚いい写真があったとしても、統一感とか伝えたいことがわからなければ、まず相手にはされないということ。

写真を読む、とよく言われるけれど、それは一枚の写真をどうこう見るのではなく、全体の写真を見てその写真家の意図を読み取るということなので、ここはしっかり押さえる必要がありそうです。

なのでポートフォリオを持ちこんで編集者なり作家なりに見て戴くときは、慎重に写真をセレクトしてレビューに臨まないとぼろぼろになって帰路に着くということになりかねないので。


僕はレビュワーでもなんでもなく、撮り手なので他人様の写真をどうこう言うつもりは全くなく、またその資格もなく、チャレンジャーであって、ここに書いたのは自身に対する備忘録的なもの。

参考にしなくてもいいし、やり方はいろいろ。

他人がどうこう言おうと、己の道を突き進むのが写真家だと思うので。


  1. 2016/10/08(土) 03:20:54|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
  5. | このエントリーを含むはてなブックマーク
<<渋谷の天気とかインタビュー掲載のこととかプリント販売のこととか | ホーム | タイトルなし>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tatsu001.blog50.fc2.com/tb.php/186-0610ccdb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Tatsu

Author:Tatsu
e-mail:
tatsu2006@gmail.com

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

Counter

since 2007/1/15

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。